Chapter 08-01 お父さんはバンヤンの若木の下でミカンを4つ食べました。

英語の朗読ファイル

英語の原文

My father was very hungry so he sat down under a baby banyan tree on the side of the trail and ate four tangerines. He wanted to eat eight or ten, but he had only thirteen left and it might be a long time before he could get more. He packed away all the peels and was about to get up when he heard the familiar voices of the boars.

“I wouldn’t have believed it if I hadn’t seen them with my own eyes, but wait and see for yourself. All the tigers are sitting around chewing gum to beat the band. Old Rhinoceros is so busy brushing his tusk that he doesn’t even look around to see who’s going by, and they’re all so busy they won’t even talk to me!”

“Horsefeathers!” said the other boar, now very close to my father. “They’ll talk to me! I’m going to get to the bottom of this if it’s the last thing I do!”

The voices passed my father and went around a curve, and he hurried on because he knew how much more upset the boars would be when they saw the lion’s mane tied up in hair ribbons.

日本語の訳文

お父さんはとてもお腹が空いていたので、小道の脇にあったバンヤンの若木の下に腰を下ろして、みかんを4つ食べました。彼は8個とか10個とか食べたかったのですが、彼は残り13個しか持っていなくて、しかももっと多くを手に入れることができるのはずいぶん先になるかもしれません。彼が全部の皮をバッグに詰め込んで立ち上がろうとしていたその時、彼は聞き覚えのあるイノシシたちの声を耳にしました。

「オレが自分自身の目でやつらを見なかったなら、オレはそれを信じたりしなかっただろうよ。でも、自分自身で(どうなるかを待って)見てみろよ。トラたち全員があたりに座って、すごい勢いでガムを噛んでいる。サイ爺さんは角をブラシがけするのに忙しすぎて、あたりを見回して誰が通り過ぎるのかを見ようとさえしない。そして、彼らはみんな忙しすぎて、オレに向かって話をしようとさえしたがらんのだ」。

「馬鹿なことを!」ともう一頭のイノシシが言いました。それは今やお父さんにとても近いところにいます。「やつらはきっとオレに話すだろう! オレは何としても(たとえそれがオレがやる(人生で)最後のことだったとしても)、この真相にたどり着くつもりだ」。

その声はお父さんを通り過ぎ、カーブを曲がっていきました。そしてお父さんは急いで進み続けました。なぜなら、例のライオンのたてがみが髪リボンをつけて結わえ上げられたのを彼らが目にした時には、イノシシたちがどれくらいさらに腹を立てるだろうかということを、彼は分かっていたからです。

暗唱練習用スラッシュ区切り

私のお父さんは~だった / とても空腹
だから / 彼はすわった / 赤ちゃんバンヤンの木の下に / 小道の横の
so / he sat down / under a baby banyan tree / on the side of the trail

そして / 4つのみかんを食べた
彼は食べたかった / 8個とか10個を
でも / 彼は13個だけ持っていた / 残った状態で
それに / それは~であるかもしれなかった / 長い時間 / 〜の前に(〜は次の文の内容) / 彼が手に入れることが可能だった / より多くを
and / it might be / a long time / before / he could get / more.

彼は(バッグに)しまいこんだ / すべての皮を
そして / ~するところだった / 立ち上がる
〜である時(〜は次の文の内容) / 彼が聞いた / よく知っている声 / 例のイノシシたちの
私は〜しなかっただろう / それを信じる
もし仮に / 私がそれらを見なかったなら / 自分自身の目で
でも / 待って見てみなさい / 自分自身で
すべてのトラたちが〜である / その辺に座っている / ガムを噛みながら / (楽団に打ち勝つほど)激しく
All the tigers are / sitting around / chewing gum / to beat the band.

年をとったサイは〜である / あまりに忙しすぎて / 彼の角をブラシがけするのに
〜のような結果になる(〜は次の文の内容) / 彼は周囲を見回すことさえもしない / 確かめるために / 誰が通りすぎているのか
that / he doesn’t even look around / to see / who’s going by,

そして / 彼らはみんなあまりにも忙しすぎて / 彼らはどうしても〜しようとはしない / 〜さえ / 私に向かって話す
and / they’re all so busy / they won’t / even / talk to me!”

「馬鹿なことを!」 / もう一方のイノシシが言った / 今や / とても近い / お父さんに
“Horsefeathers!” / said the other boar, / now / very close / to my father.

彼らはきっと話す気になるだろう / 私に対して
私は〜するつもりだ / 〜につく / 底(真相)へと / これの
たとえ〜でも(〜は次の文の内容) / それが〜である / 最後のこと / 私がする
その声はお父さんを通りすぎた / そしてカーブを曲がって行った
なぜなら〜だからだ(〜は次の文の内容) / 彼は知っていた / どれほどさらに気分が荒れた状態に / そのイノシシたちはなるだろうか / 〜な時(〜は次の文の内容) / 彼らが見た / 例のライオンのたてがみが / 結ばれている / 髪リボンをつけて
because / he knew / how much more upset / the boars would be / when / they saw / the lion’s mane / tied up / in hair ribbons.