Chapter 05-05 オレたちがお前の不法侵入を知らないと思ってたのか?

英語の朗読ファイル

英語の原文

“I suppose you thought we didn’t know you were trespassing in our jungle!”

Then the next tiger spoke. “I suppose you’re going to say you didn’t know it was our jungle!”

“Did you know that not one explorer has ever left this island alive?” said the third tiger.

My father thought of the cat and knew this wasn’t true. But of course he had too much sense to say so. One doesn’t contradict a hungry tiger.

The tigers went on talking in turn. “You’re our first little boy, you know. I’m curious to know if you’re especially tender.”

“Maybe you think we have regular meal-times, but we don’t. We just eat whenever we’re feeling hungry,” said the fifth tiger.

“And we’re very hungry right now. In fact, I can hardly wait,” said the sixth.

“I can’t wait!” said the seventh tiger.

And then all the tigers said together in a loud roar, “Let’s begin right now!” and they moved in closer.

日本語の訳文

「お前がオレたちのジャングルで不法侵入しているのを、オレたちが知らないと、お前は思ってたんじゃないかなあと、オレは思っている」。

それから次のトラが話しました。「それがオレたちのジャングルだということを、お前は知らなかったんだと、お前が言うつもりでいると、オレは思っている」。

「未だかつてこの島を生きて出た冒険者は一人もいないってことを、お前は知ってたか?」、と3番目のトラが言いました。

お父さんは例のネコのことを思い浮かべて、これが本当のことではないということを分かっていました。けれども、もちろん彼はあまりに十分な判断力を持っていたので、そうは言いませんでした。人は誰でもお腹をすかせたトラには口答えしないものです。

トラたちは順番に話し続けました。「お前はオレたちの初の小さな男の子なんだよ。オレはお前が特に柔らかいかどうかを知りたくてたまらんのだ。」

「もしかすると、お前はオレたちが決まった食事の時間を持っていると思っているかもしれんが、オレたちはそうではない。オレたちは単に食ってんだ、自分が腹がすいていると感じている時はいつでもな。」と5番目のトラが言いました。

「で、オレたちはちょうど今、すごく腹ペコだ。実をいうと、オレはもうほとんど待つことができん。」と6番目が言いました。

「オレは待てない!」と7番目が言いました。

それから、トラたちみんなが一斉に大きな吠え声をあげて言いました。「さあ、今すぐ始めようじゃないか!」。そして彼らはより近くへと迫ってきました。

暗唱練習用スラッシュ区切り

私は思っている / あなたが思ったと / 私たちが知らなかったと / あなたが不法侵入していたと / 私たちのジャングルの中で
“I suppose / you thought / we didn’t know / you were trespassing / in our jungle!”

それから / その次のトラが話した
私は思っている / お前が言うつもりでいると / お前が知らなかったと / それがオレたちのジャングルだと
“I suppose / you’re going to say / you didn’t know / it was our jungle!”

あなたは知っていたか / 〜だということ(〜は次の文の内容) / 一人もいない冒険者 / これまでに去った / この島を / 生きて
“Did you know / that / not one explorer / has ever left / this island / alive?”

お父さんは考えついた / 例のネコを / そして知っていた / これが真実ではなかったのを
My father thought of / the cat / and knew / this wasn’t true.

しかし / もちろん / 彼は持っていた / たくさんすぎる感覚を / そう言うには
人は(一般的な人を指して) / 反論しない / 空腹のトラに
トラたちは続けた / 話している状態で/ 順番に
The tigers went on / talking / in turn.
あなたは〜だ / 私たちの最初の小さな少年 / 分かるよね
“You’re / our first little boy, / you know.
私は好奇心を刺激されている状態だ / 知りたくて
I’m curious / to know
〜かどうかということ(〜は次の文の内容) / あなたが〜である / 特に柔らかい
if / you’re / especially tender.”
もしかすると / あなたは思っている
Maybe / you think
私たちが持っている / 定期的な食事の時間を
we have / regular meal-times,
しかし / 私たちはそうではない
but / we don’t.
私たちはただ食べる
We just eat
〜な時はいつでも(〜は次の文の内容) / 私たちが〜である / 空腹だと感じている」
whenever / we’re / feeling hungry,”
と、5番目のトラが言った
said the fifth tiger.
そして / 私たちは〜である / とても空腹である / まさに今
“And / we’re / very hungry / right now.
事実としては / 私はほとんど待つことができない / と6番目が言った
In fact, / I can hardly wait,” / said the sixth.
「私は待つことができない!」 / 7番目のトラが言った
“I can’t wait!” / said the seventh tiger.
そして次に / すべてのトラたちが言った / 一緒に / 大声の吠え声で
And then / all the tigers said / together / in a loud roar,
さあ始めよう / 今すぐ
“Let’s begin / right now!”
そして / 彼らは攻め寄った / より近くへ
and / they moved in / closer.