Chapter 06-02 「進行中の侵入があるって、オレは言ったよな。」

英語の朗読ファイル

英語の原文

“I told you that there was an invasion afoot,” said the other boar, “and I intend to find out what it is. I simply can’t stand invasions.”

“Nee meither,” said a tiny little voice. “I mean, me neither,” and my father knew that the mouse was there, too.

“Well,” said the first boar, “you search the trail up this way to the dragon. I’ll go back down the other way through the big clearing, and we’ll send Mouse to watch the Ocean Rocks in case the invasion should decide to go away before we find it.”

日本語の訳文

「進行中の侵入が存在しているって、オレはお前に言ったよな」と、もう一頭のイノシシが言いました。「で、オレはそれが何なのかを見つけ出すつもりだ。おれはとにかく侵入ってのが我慢ならない。」

「ニー・ミーザーです」と、ちっちゃなちっちゃな声が言いました。「そうではなくて私が意味しているのは、ミー・ニーザー(私も〜ではない)です」。それでお父さんはそこには例のネズミもいるのだと知りました。

「さて」、と最初のイノシシが言いました。「お前はこっち方向にさかのぼってドラゴンまで捜索しろ。オレは反対方向へと大きな空き地を通って戻って行く。そしてオーシャン岩を見張るのにネズミのやつを派遣するとしよう、万が一オレたちが見つける前にその侵入が立ち去ることを決めてもいいようにな。」

暗唱練習用スラッシュ区切り

私は言った / 〜ということを(〜は次の文の内容) / 〜があった / 侵入 / 進行中で / もう一方のイノシシが言った
“I told you / that / there was / an invasion / afoot,” / said the other boar,

そして / 私は意図している / 見つけ出すことを / それが何であるか
私はとにかく我慢できない / 侵入というものを
「ニー・ミーザー」 / と小さな小さな声が言った
私は意味している / ミー・ニーザー(私も〜ではない)
そして / お父さんは知った / 〜だということ(〜は次の文の内容) / 例のネズミがそこにいた / 〜もまた
さて / 最初のイノシシが言った
お前は捜索しろ / その小道を / この方向にさかのぼって / ドラゴンへと
私は戻って行くことにする / 反対方向へと下って / 大きな空き地を通って
I’ll go back / down the other way / through the big clearing,

そして / 私たちは送ることにする / ネズミのやつ / オーシャン岩を監視するために
〜の場合に備えて(〜は次の文の内容) / 侵入が万が一決める / 立ち去ることを / 〜する前に(〜は次の文の内容) / 私たちがそれを見つける
in case / the invasion should decide / to go away / before / we find it.”