Chapter 06-05 オレが一番悲しいのは、オレの角の色だ。

英語の朗読ファイル

英語の原文

“Oh, I have many things to weep about, but the biggest thing is the color of my tusk.” My father squirmed every which way trying to see the tusk, but it was through the seat of his pants where he couldn’t possibly see it. “When I was a young rhinoceros, my tusk was pearly white,” said the animal (and then my father knew that he was hanging by the seat of his pants from a rhinoceros’ tusk!), “but it has turned a nasty yellow-gray in my old age, and I find it very ugly. You see, everything else about me is ugly, but when I had a beautiful tusk I didn’t worry so much about the rest. Now that my tusk is ugly too, I can’t sleep nights just thinking about how completely ugly I am, and I weep all the time. But why should I be telling you these things? I caught you using my pool and now I’m going to drown you.”

日本語の訳文

「おお、オレには嘆き悲しむことがたくさんあるんだが、一番大きなものはオレの角の色だ。」お父さんは角が見えるようにあらゆる方向へもがきましたが、それはズボンのお尻の部分の向こうにあって、そこはどうにも彼が角を見ることができないところでした。「オレが若いサイだったころ、オレの角は真珠のような白さだった。」とその動物は言った(そしてその時、お父さんは自分がサイの角からズボンのお尻の部分でぶら下がっているということが分かった)。「でもそれは年老いてひどい黄ばんだグレーに変わってしまった。そしてオレはそれをひどく醜いと思っている。いいか、オレに関する他の全ては醜いが、オレが美しい角を持っていた時には、オレは残りについてはそれほど心配していなかったのだ。今やもうオレの角までもが醜いので、オレは自分がどれほど完璧に醜いかを考えると夜な夜な寝ることができない。そして、オレはいつもしくしく泣いているのだ。だが、どうしてオレがお前にこんなことを話す義理があるんだ? オレはお前がオレのプールを使っているところを捕まえたのだ。さあ今からお前を溺れ死にさせてやるぞ。」

暗唱練習用スラッシュ区切り

おお、私は持っている / 多くの物事を / 〜についてしくしくと泣くべき
しかし / 一番大きな物事は / 私の角の色だ
お父さんは体をよじった / 四方八方に / 〜しようとしながら / 角を視界にとらえる
My father squirmed / every which way / trying to / see the tusk,

しかし / それは〜あった / 彼のズボンの座面を通り抜けたところに / (関係副詞)その場所がどんなところかというと / 彼ができなかった / 低めの可能性でも / それを視界にとらえる
but / it was / through the seat of his pants / where / he couldn’t / possibly / see it.

〜なとき(〜は次の文の内容) / 私が〜だった / 若いサイ
私の角は〜だった / 真珠っぽい白 / その動物は言った
そしてその時 / お父さんは知った
〜だということを(〜は次の文の内容) / 彼がぶら下がっていた / 彼のズボンの座面部分で / サイの角から
that / he was hanging / by the seat of his pants / from a rhinoceros’ tusk!),

しかし / それは変わってしまった / ひどい黄色っぽいグレーに / わたしの老いた年齢の中で
そして / 私は見いだしている / それを / とても見た目が悪いと
あなたが見て分かるように / 他のあらゆること / 私についての / 〜は見た目が悪い
しかし / 〜なとき(〜は次の文の内容) / 私が持っていた / 美しい角を
私は気にしなかった / それほど / その残りについて
今や〜なので / 私の角が醜い / 〜もまた
私は眠ることができない / 夜に / ただ〜について考えながら / どれほど完璧に醜いか / 私が〜である
I can’t sleep / nights / just thinking about / how completely ugly / I am,

そして / 私は泣き悲しんでいる / そのあいだ中ずっと
しかし / なぜ私が伝えているべきなのか / あなたに / これらの物事を
私は捕らえた / あなたを / 私のプールを使っている状態で
そして今から / 私は〜するつもりだ / あなたを溺れ死させる